HOME » スタッフ » 経営戦略を考えるために必要なこと

経営戦略を考えるために必要なこと

neurons-877577_640

弊社では新しくプロジェクトを立ち上げようとしています。内容はまだはっきりしていないのでお伝えできませんが、その戦略を作るにあたって思ったことです。事業計画書の作り方や起業の本なんかを読むと、決まって一番最初に「どんなビジョンを持っていますか?」であったり「どんな人を幸せにしたいですか?」といったことが聞かれます。

これは始めようとしている事業で、あなたがどれくらい情熱を持って取り組むのか、どんな世の中にしたいのかを確認するための質問だと思うのですが、新しくやろうとしているプロジェクトを考えるにあたって、この一番大事な部分を具体的に決めず、戦略を作っていたなと今反省しているところです。

木の幹を決めず枝ばかりを考えていたようです。だからなのでしょう。戦略を思いついてもなんかしっくりきません。うまくいけると思っても一つ壁にぶつかるとなんかできなさそうな気がしてきます。戦略がダメなのかなとまた一から考え直します。でも違いました。戦略が悪いのではなく、その戦略を戦術まで落とし込む情熱が足りなかったのだと気がつきました。その戦略で行こうとする覚悟が足りなかったのです。

少し前に読んだコンサルティングの本の中でこんなことが書いていました。「脳に汗を掻くまで考えるないといけない」と。超一流のコンサルティング会社に勤める人が言っていました。「ロジックツリーと仮説思考を何度も何度も繰り返して精度を上げる」と。

そんな会社に勤めている人たちがそこまでしているのに、僕たちがそれをしないで勝てるわけがありませんよね。そこまで考え抜くためにも、戦略を考える根底の部分、「どんな思いを持っているのか?」を真剣に考えないといけないなと、強く感じています。もう一度一から考え直しです。

小泉

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー