HOME » スタッフ » あなたならAとBどちらの戦略でたたかうか

あなたならAとBどちらの戦略でたたかうか

worry-about-hog-2030840_640

観光地のお話。

先日観光地には長い間助成金がべたべたでつけられてきており有名どころの名所は、お金と時間をかけて創り上げられた側面がある、とお伝えしました。ですがそういう裏側の歴史を知って、私がどう考えるのかをシェアしておきたいと思います。合っているかどうかはわかりませんのでご了承ください。

私が考えるのは二つ。
1 有名どころの観光地は長らく力を注ぎこまれているのでそういうところと提携して、うまい事自分たちのビジネスを推進する。
2 有名どころの観光地以外のところと提携して、有名どころを抜こう!
と提案する。

基本的には今まで私の作戦は2番でやってきていました。結論的にはやりがいもあり、そこそこ結果も出るのですが、いかんせんしんどい。進みが遅い。学ぶこと、やることが多い。お金のまわりが悪い。と色々いいことありません。
ですがこの作戦を若い時に「仕方がない」と割り切って思いっきりできていたことが今色々な経験に生かせている気がします。本当に、血反吐を吐くほどビジネス本を読み、咳が止まらないほどのストレスを抱えて、笑顔で仕事をし、小さな結果を出していたのです。その結果、今は私は私以外の人をBゾーンに持っていき、なおかつ、収入をなかなかのレベルで安定させることができるスキルを身に付けたと思っています。
自分で言うのもなんですが、苦戦する道をあえて選んできたことにより最低のレベルは経験させないで済む、ノウハウがかなり身についているみたいです。客観的にみるとハングリー精神が強い人、に見えるかもしれません。ですが、それは表層的に表れたノウハウなんだと私は思います。地味ですしなかなか真似もできないのですが。

一方で華やかな人たちは1の選択肢を選ばれます。
基本的には誰だってそうでしょう。私も本当は1を選びたいのです(笑)ですが、1は競争が激しいし、私はあんまり他者とは競争をしたくは無いのです。また、大きく成長しやすいかもしれませんが、時と場合により搾取されるだけ、の状態になるかもしれません。パワーバランスが違うからです。相手にあまり依存しない状況になれば、相手のパワーを活用できるのでしょうけれど。私には今までそのような力はありませんでした。だから2を選択していました。

ですが今回のトラベルハウス(トラベルハウス)は圧倒的にニッチな商品で、法律的にも継続的製造的にも、かなり難しい商品になりました。そしてもっと難しいのがそのユーザーを探り当てること。しかし弊社は今回他社がまねしにくい状況を創り上げることに、だいぶ成功していると思います。直轄の担当である小泉さんはまだストーリーが組み上がってないので、難しい顔をしていますが(笑

ですので今回は1の選択肢を選んで、スピードを上げて事業に取り組もうと思っています。そしてそのビジネスの行く先には、弊社から不動産を購入していただいたメンバーに利益が還元するように、仕組みを創る計画です。そうやって仲間に潤ってもらいたいとも思っています。どんどん喜んでもらえる仲間を加速度的に増やしていく。こんな素晴らしいことはありませんね。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー