HOME » スタッフ » あなたには指標がありますか?

あなたには指標がありますか?

animal-2203492_640

人に何かを教える、アドバイスするとき、あなたには指標がありますか?

つい先日大家2年目の会の講師の先生を叱ることがありました。それは、会員の方が弊社に来られる前に、有名な不動産業者さんで、多数の不動産を購入し、それがうまくいってないので、どうしたものか、という相談に乗っているときのことです。
どうすれば会員さんのためになるのか、というのは、一目瞭然な状態で、その一手(さぼる管理会社を変える、リフォームをして空室を埋める)を打たないと、もうすぐ会員さんの財務状況が立ち直れなくなる、ということがわかっていたのです。だから、面談をすることになりました。以前からその会員さんは、お金の問題、人間関係の問題、他の不動産との兼ね合い、などでかなり複雑に悩まれており、理解しにくい状況なのでしょうね。私はたまたまその場には居合わせることができなかったので、アドバスができず申し訳ないなぁとは思いましたが、あとで電話で状況を先生から確認しました。

先生の説明によると、結局会員さんからは「どうするのか、という明確な回答は無く、100%とはいえないものに望みを託す」という感じに私には聞こえました。大家業というのは、一度負のサイクルに入ったら、時間がたてばたつほどより一層被害金額が膨らむサイクルに入るビジネスです。(逆に好循環に入れば時間がたてばたつほどメリットが出ますね)だから負のサイクルにはっているのなら、即座に手を打たないと引き延ばすことが何の解決にもなっていないどころか、マイナスのチャンスをこちらが与えてしまっていることになるのです。それを厳しく指摘し、先生を叱りました。

その際に先生に聞かれたことが、「武智さんはどういう指標で考えているのですが?」というものでしたが、結論は簡単です。
「(客観的に見えている)私ならこうするそのための手をすべて出して、全部やる。そのために襲ってくるリスクに対して自分はそれを成し遂げる覚悟があるのか」というものです。

でも、この場合は残念ながら私は当事者ではないので、そのアドバイスしかできず大家2年目の会で手伝えることはもちろん全力でやるよ、ということを伝えるだけですね。そこまで提示して、自分には覚悟があって、会員さんにもそれが通じて、お互いに覚悟したなら、必ずうまくいきます。みんながみんな全力で良い方向に持っていくからです。

どこかで自分事じゃないような捉え方をしている人がいるとその人は邪魔です。それがもし相談に来られた当事者の方なら、私は笑顔で放置しますし、責任なんて当然発生していませんから、取りません。笑顔で沈没していくさまを見つづけ、向こうから何か助けを求めてこない限りはもうこちらから提案することもありません。それまで待たないと、お互いにとって時間の無駄だから。

とまぁ厳しいことを伝えていたりします。
厳しいようですが、おそらく私が最も結果的に優しい人間であろうなぁと、実は自分で思っています。だって一緒にいる周りの人たち、みんな年収急上昇していってるか、急上昇の見込みがある人たちばかりになっているから。

金持ちは金持ちとつるみますが、金持ちになりそうな人ともつるみます。それはどこで判断しているのか。「覚悟」「能力」「笑顔」それだけでしょうね。今日はちょっと厳しめの 武智でした。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー