HOME » Q&A » あなたの基準はなんですか?

あなたの基準はなんですか?

white-male-1734365_640

良い不動産、悪い不動産、という話や相談をよく受けますが、私は良い不動産も悪い不動産もこと大阪北摂や神戸に関しては無いと思います。もちろん東京23区や川崎市、千葉県、埼玉県などもあまり問題はないと思っています。

なぜならその辺の土地の価格が 無料 になることは無いからです。

人が住み続けて、人が生き続けている限り(死んでもお墓に価値が出てきますが)、土地が無料になることは無いでしょう。ということは価格さえ下げたら売れるということです。

これってすごいことですよ。

だって冷蔵庫や洗濯機やテレビはどれだけ無料に近づけても売れないことがあるからです。

一方で過疎地の土地は無料になることもあります。最安値は無料です。それ以下だったら所有者は国に寄付しますから。だから不動産の最安値は無料です。

こういう最低価格が決まっていて、評価方法もある程度決まっているというこんな商品はあまり世の中にはありません。ということは悪い不動産は無料の不動産で、良い不動産はプライスのつく不動産、と考えれば簡単ですね。

あとは「良い」という基準をあなたが持てばよいのです。「良い」に該当する不動産のみを買えば、全ての不動産は良い不動産になるわけですね。そんな不動産がどこにあるのか?というのはあなたの頭の中にしかないわけです。だから、難しいのですけれど。

だって、自分の欲望のハードルはどんどん上がってしまい、最初に買った不動産より次の不動産の方に期待をしていくからです。こうなると最初に決めた「良い」という基準自体が上がっていくのでいつまでも「良い」不動産に当たらないという、ジレンマに陥ります。

そういう方は一度基準を決めてはいかがでしょうか。いつまでも青い鳥症候群にはならないようにしてください。そうでないといつまでも次に進めませんので。

武智

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー