HOME » スタッフ » はまってるロボット

はまってるロボット

robot-2697683_640

AIが人の仕事を奪う、といいますが、大手の工場の多くはすでにほぼ無人に近いですね。ロボットがモノを作ってます。人はそれをメンテしたり、ちょっと材料を持っていくとか、位しかやってません。昔はほぼ人間がやっていたのにね。

今年の頭にベトナムTOTOに行ってきたときにもTOTOの人が言っていましたが、日本はほぼロボットが便器をつくっている。だから精度が素晴らしいのです、といっていました。日本以外のアジア諸国で中国もロボットが半分くらいつくっているとのこと。ベトナムは10%がロボットで作っていました。これは単純に人件費が高いか安いかで決まるそうです。人件費が高いとロボットが活躍するんですね。

これはあくまで大企業の話で中小企業あんまり関係ないよね~って思いがちですので身近な現象で、私は今自動窓拭き掃除機が大好きです。勝手にベランダの窓を拭いてくれますので、中も外も。人がやるよりは時間がかかりますが、セットしさえすれば放置。ルンバの窓ふき版です。これがわずか10万円。。。

私は個人的にビルを持っていたりしますので、外の窓ふき掃除をするのどうしよ~っていつも思っていました。掃除するのにためらうんです。理由は 費用が掛かる から。自分では掃除ができないところが多々あるので、外部に職人さんを呼ばなければいけなくなるんです。この費用が高いのです。今まではごまかしごまかし、自分の手の届く範囲内でやって
後は雨が降るのを待つ、みたいなことでしたがこれからはそんな心配がありません。

ほっとけばいいので。

これがSゾーンかEゾーンの人の仕事の一つが、ロボットに置き換えられた瞬間です。

一方これは何を意味しているのか。E,Sゾーンの人に仕事のあるなしの選択権は無いですが、Bゾーンの人には仕事を出す出さない、の選択権がある、ということです。

今あなたがどうして不動産所得不労所得が欲しいのか、を胸に問うてみてください。本質は働きたくない、ということではなくて、選択の自由が無い、ということなのかもしれませんね。

E、Sゾーンで選択の自由のある方法で働くには。。。唯一無二のスキルを持った存在になる、それが最短距離ですね。むずかしそ。。。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー