HOME » スタッフ » ビジネスのつくりかた

ビジネスのつくりかた

blogging-336375_640

一時のビジネスか継続的なビジネスか、経営者としてはどちらを目指すべきなのか。

それは当然ですが継続的なビジネスで、なおかつ成長させれるビジネスを着手すべきです。ただし、問題があって、ビジネスをするに当たり経費というものは必ず付きまといます。また、その収益で生活を営まなければならない、とするならば、ある程度の収益の額、も必要になってきますね。

基本的に不動産大家業は性質上継続的なビジネス、に分類されるものですが副業的に始められる方の取り組み方は、一時のビジネスの創り方をされる人が多いです。ビジネスというものは経年させることで初めて分かるリスク、というものも出てくるにもかかわらず、一気いけるだけいってしまおうとする方が多いような気がします。

もちろん自分の労働とかお金があんまりかからず、かかっても自己資金の範囲内でだけで済ませられるようならば、いけるだけいってもらってもいいとおもいますが大抵の人は不動産投資に融資を使われるでしょう。そういう時は少し慎重に着手し、経年でのコストパーを確認して次に進むようにした方がいいですよ。
そういう時間を加味すると不動産大家業で成功するには最低15年ほどはかかるような気もしますが。

それが嫌なら、有能なコンサルティングやメンターを付けていくしか時間を短縮する方法は無いと思います。もしくは相続かな。

無難に着実に成長させる。それが大家2年目の会の最低限の目標ですね。もちろんその後に大きく開花させる方向にも持っていけるようにしていきますが。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー