HOME » スタッフ » 今の仕事をどれだけ精一杯取り組むか

今の仕事をどれだけ精一杯取り組むか

blogging-336376_640

以前ブログで 今の仕事は好きなようにできていますか? という題材で掲載したことがありますが、私の考え方は昔学校の先生に教わったように、職業に貴賤はないと考えていますし、私自身どんな仕事でもやるつもりですし、着手したからには絶対同業の人よりもうまくやりたい!という気持ちで取り組んでいます。

人材採用に取り組む必要が今出ているので、逆に就職に臨む側の人の心理が知りたく、書籍を読んでいるのですが、やりたい仕事、とかあなたのスキルに能力に応じた仕事、雇用のミスマッチにならないように、ホワイト企業の入り方、ブラック企業の見抜き方、とかいまいち理解できそうだけれども、それっていったいどういうこと?というわけのわからない言葉がいっぱい並んでいました。
抽象的な言葉ではかけるし、職場や待遇という理想を追い求め続けるEゾーン予備軍の人、にはどこかにあるかもしれない青い鳥的職場、がこのやり方ならいけるんですよ!という宣伝をすればセミナーとかウケるんだろうなぁ。逆に採用側のEゾーン管理職には、そういう風にEゾーン予備軍の人は考えているのでそう見えないようにするには、というセミナーを宣伝すればウケるんだろうなぁ、とクリティカルシンキングの思考で考えると、採用市場というのは、ほんとリクルートとその派生人たちで作られているなぁと感じざるを得ません。(大抵の就活本はリクルート関連の人たちが絡んでいますので)

で、そういう本を読んで、読者たちは疑問に思わないのか?

というのが私の疑問なのですが、根本的な問題は、「就職してあなたは仕事を頑張るのか?」という根本の問いかけが無いような気がします。仕事を頑張る、とは自分の携わった仕事を責任を持って取り組む、ということなんですが、今の世の中Eゾーンの人が責任を負いたがっているように見えるでしょうか?見える人はおそらく、心身ともにボロボロだけれども、高収入を獲得できる可能性が高そうな人でしょうね。本当の人脈的なもの、を本人すら気づいていないかもしれないけれどもお持ちでしょう。きっとそういう人はEゾーンをやめますけれども。そう見えない人の方が多い、というのを私は自身の経験と、武智会メンバーから聞いています。きっと本当には頑張れていないのだと思います。

そこで当初の題に戻りますが、職業に貴賤はありません。

今の仕事をどれだけ精一杯取り組むか。結果を残すか。そこに懸命になれる人ほど、そのベクトルを自分のために、という方向に向けれるようになれば簡単に利益は転がり込んでくるでしょう。ただし、自分のためにというまえに、自分の顧客のために頑張って結果自分のために、という思考を身に付けておく必要はありますのであしからず。

目先の仕事を懸命に取り組む方法はただ一つ、自分の思い描く通りのやり方に近いやり方で、仕事ができるのか、そういう環境づくりが重要ですよね。それができていないなら、自分には何らかの能力が足りていないと判断し身に付けておくと良いですね。不動産大家業でも必ずその能力は役立ちますので。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー