HOME » スタッフ » 仲間をつくれる要素

仲間をつくれる要素

elk-2139276_640

最近また色々本を読み始めてます。色々な分野の本を。私は結構著者の歴史をまずは見る癖があるのですが、大抵事業で成功してるか、有名になっている人って多くは30代に会社を辞めている人が多いですね。その次は40代。50代は少数。60代はカーネルサンダースくらいか。

大家2年目の会の目的は経済的に安定すること。そのために30代、40代から取り組むと比較的経済的には安定する可能性が高いのだろうなぁと思っていたりもします。もちろん50代の方でもできますよ。経済的に成功すると次に欲しくなってくる欲望が有名になる、ということ。そういうときのために、30~40代のころから取り組んでいると、書籍を書けるレベルにまでなれるとおもいます。

若内から取り組むとなぜ書籍が書けるレベルになれるのか。
それは周りにそういう成功者が少ない、ということと大家業は成功するまでにもともと何も持っていない人が始めると時間がかかる、ということです。

早く始めれば始めるほど良いのですが、20代の方はあまりお勧めしません。まだ周りに仲間をつくれる要素が少ないからです。仲間をつくれる要素とはGiveできる何かしらのスキルを持っているかどうか。30代以上になるとサラリーマンの方なら何かしらのスキルをお持ちのことがおおいのですね。主婦のかたでも何かしらのスキルを持っていることが多い。

年の功は伊達じゃないです。それなりに年長者は有利ではありますね。ただし、50代までが限界だとは思います。理由は融資が極端に引きにくくなるから。30~50代という短い時間の中でチャンスを逃さず取り組んでくださいね。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー