HOME » スタッフ » 土地を持っていればいいんだ

土地を持っていればいいんだ

golden-mantled-ground-squirrel-4587_640

土地は××だ!の続きですが、巨大企業ですら土地をめちゃくちゃ所有していくわけです。なぜか。究極のリスクヘッジになるからです。税金の控除もすさまじいからです。時間がたっても価値がゼロになるわけじゃ無いからです。そして土地が無ければ何もかもはじめれないわけです。

家賃を払って借りればいいんじゃないか?ですって?

それはリスクを小さくして稼ぐ、という発想であって、実はリスクの高い行動であるということに気づいていないからそういう思考になるんですね。リスクの高い=事業が安定しない。ということです。要はキャッシュフローが安定しないのです。だからうまくいくときはうまくいくし、行かなければ苦労する、ということです。また時間がたてばたつほど、苦労の度合いも大きくなりがちですね。Sゾーンの仕事は。Bゾーンの本質は時間がたてばたつほど楽になるビジネスなわけです。

その最たるものが土地、であり簡単なビジネスが駐車場や大家業ですね。

で、昔の人はその土地を手に入れるのに高金利で無理してでも借金して購入したわけです。そのほうが本質的に強くなれると、肌で感じていたからです。

一方現代人はどうでしょう。勉強して賢くなったので、借金しないでも稼げる方法を追求しました。結果Eゾーンが量産化されたわけです。でもそのEゾーンを奨励したのは誰でしょうか?もともとは借金するのに苦労したSゾーンの人たちなんです。戦後の大人たちは土地が欲しかった。でも借りれない。借りていくのはエリートEゾーンの人たちが多かった。だから子供にはエリートEゾーンになってほしいという願いを込めて、育てたのです。要するに子供に借金ができるようになってほしいと思っていたのです。ですが実のところ借金ができるようになったEゾーンの人たちは、根本的に借金の使い方を理解していません。だから借金=悪と考えるようになり、土地をいっぱい買うことをやめてしまったのですね。「家」という歴史で見れば、教育は本末転倒の道を進ませたんですね。でもそれで日本は発展したのも事実ですが。

で、セミナーに行ってきた地主さんたちの親はおそらく死に物狂いで借金をして借金を返してきたはずなんです。結局土地が値上がりしたから借金も安定的に返せたんですが。今の時代、土地が値上がりするなんてあまりありません。だからキャッシュフローをちゃんと獲得できるよう、利益をちゃんと生み出せるよう、しっかり考えて取り組むことが重要ですね。

そして昨今の「借金ができる」という歴史的に見れば異常なタイミングでどれだけ踏ん張れるか、そして来る不況に備えて、どれだけ自分の与信力を向上させて、資産を急増させるか。そういうところがポイントなんだなぁと。感じた次第です。

あなたも借金ができるうちにより借金ができる体質に持っていくと大家業はうまくいくと思いますよ。え?与信力の増やし方がわからない?弊社のセミナーで色々教えてますよ。どうぞいらっしゃいませ。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー