HOME » スタッフ » 地域活性化業と不動産投資業

地域活性化業と不動産投資業

mountains-1646595_640

公的機関との打ち合わせをしに行きました。
先日「歴史ある組織と付き合うということ」というブログを書きました。

その続きで、他の歴史ある組織と打ち合わせをしてきました。何をメインにやっているのかもいまいちわからないのですが、何やら地域活性化を目的として事業体をなしているようです。決して収益を求めているわけではなく、純粋に地域活性化、を求めていました。そこで打ち合わせしてきたことは、弊社のトラベルハウスの活用法と採用される可能性の高い法人の検討、をしました。そこでよく分かったのが、地域活性化にはお金と時間がめっちゃかかる、ということ。当たり前やん、と思われるかもしれませんが、その費用等は半端ないことがわかりました。

各都道府県には、行政が、観光地化したい場所、というものが実は決まっている、という事実を知りました。どこでもかしこも観光地化したい、というわけではないんです。そして、私が良く知る兵庫県や大阪府では、観光地化したい場所、というのはほぼ私は耳にしたことがありました。そしてその場所には実は恐ろしいほどの額の助成金が何年という年月の間、ずっと注がれ続けた、ということを知りました。行政はその住み慣れた人ならだれもが知る場所を、一生懸命お金をかけて年月をかけて観光地化し、ブランド化していったのです。もちろんその場所を運営する民間企業の方も多大な努力をされているとは思いますが、こんなにも国や都道府県もがお金を掛けていたとは。。。と驚嘆しました。こりゃぽっと出の名所なんてあっというまに消え去るわ、と思った次第です。

話がだいぶ脱線したので何が言いたいのかといいますと、セミナーで私が特に力を入れて教えているのは、不動産大家業をするための心構えとその後の収益増大化の内容が多いわけです。そこに時間とお金と人材をかけています。そのうえで、不動産を購入してもらい収益を育ててもらって行ってます。

普通のセミナーでは、よくある「不動産投資でいくら稼いだ」みたいなノウハウや、「投資に成功する心構え系」の本みたいな精神論、など表面的なことから哲学的なものまで色々あるでしょうけれど、いまいち腑に落ちないままで時が過ぎている、もしくは実現不可能、または運が必要、みたいな状態になっていることが多いのではないかなぁと思いました。

これはまさに「ぽっと出たい観光地」はどうやって成功したのか?というノウハウを追い求めているのだと思ったり、「超有名なホスピタリティ」を自分が実践しようとしていたり、とそういうブームに影響されたり、頑張ればできるかもしれないが、継続的に実現不可能なことだったりするんだと、思ったのです。

これって不動産大家業と全くいっしょだなぁと感じました。サラリーマン投資家は一気に収益を出そうと不動産を薦められるまま、むやみにフルローンで購入したり、一方で勉強してから取り組むために、今の状態では一生実現不可能な情報から取り組んで、時間を浪費したり、されるんだろうなと思います。

逆に地主さんは逆にあせらずお金と時間をかけてじっくり取り組むことを家業としていますね。これは大御所観光地と一緒です。どーんと構えて、じっくりじわじわ稼ぐ。たまにご子息が失敗されて財産を失ったりされてはいるようですが。(これまた観光地も不祥事等が発生して一気に人気がなくなったりするのと一緒ですね)

本当はじっくりじわじわ行きたいのですが、そうは言いましても自分には寿命というものがありますゆえ急がないといけないのも事実。そういうバランス感覚を持って、学び、実践し、収益を育てていく。これが弊社のセミナーの醍醐味なのだろうなぁと思いました。

PS トラベルハウスは大御所観光地と一緒に事業に取り組んでいきます。トラベルハウス事業(トラベルハウス)にはまだベースがないので、そこをしっかり育てたいからですね。観光地を大きくする余裕は今のところございません。早く育てれるくらいになりたいものですが。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー