HOME » スタッフ » 大家2年目の会をすすめる理由

大家2年目の会をすすめる理由

sky-1107952_640

どうして武智さんは大家の会みたいなのを創って人にノウハウを広めるんですか?個人とか数人で独占した方がいいじゃないですか?他のコンサルみたいに稼ぎたいわけでもなさそうだし。極秘で進めてほしいなぁとおもいます。

って新しく入られた方とか、弊社の無料セミナーを受けられた方に最近よく言われます。

どうして私が、私たちが、大家2年目の会を創ってノウハウを世に広める、という決断をしたのか。

それは非常に簡単な答えがあるので記載しておきます。

まず弊社のノウハウは皆さんが不動産投資本とかで読まれているようなテクニックのノウハウは非常に少ないです。不動産投資本とか、面白くなくなってくる理由はテクニックの塊だから飽きるわけです。そしてテクニックは時間がたつと風化し、使えません。それがわかっているからみなさん本を読まなくなっていくんですね。

弊社のノウハウは、不動産屋さんレベルの知識を得てもらうこと。不動産屋さんという「業」のレベルの知識を根本に入れてもらうこと。そしてそれを応用することに素晴らしさがあるわけです。教科書みたいなもんで、業界人にとっては当たり前なこと、ホワイトなことだけじゃなくて裏側を中心に教えますので面白いこともあれば、面白くないこともあるわけですが、それに興味を持って取り組んでもらえるようには工夫しているつもりです。業界が無くなるまでは弊社のノウハウは使えると思いますよ。

次にそれをしてどうなるのか。
大家2年目の会に参加すると、メンバーは不動産屋さんレベルになるわけです。当然参加された人にそのうち直接物件情報なんかが入ってきます。他にもそういうメンバーがいっぱい増えて行って実際に購入するわけですから、当然ですが会員の不動産のバイイングパワーが上がっていきますよね。規模の経済が不動産業界において働くわけです。これをまっとうにやってるのが、三井物産や三井不動産、住友不動産なわけです。それを個人の集団が何とかまとまって、ネットワークを組んで成長していきたい、というのが私の願いです。要するに日本を代表する企業体に近い存在にみんなの個人の熱意と才能を入れて、何とか成長したいわけです。だから一人よりも二人、二人よりも10人、10人よりも100人、と考えているわけです。そして10万人とか集まったとしても不動産市場は600兆~1000兆円とか言われる市場規模です。幾ら分けても全然私たちが困るような規模ではないですね。

どんどん利益は分ければいい。

それが私の考えです。利益を分ければどんどん仲間は増えてきます。仲間が購買力を持ち、情報力を持ち、人に優しくすることが結果自分にもメリットがかえってくる、という好循環で廻せるなぁとおもったから、大家2年目の会を創りました。

極秘にして人より良い生活を営みたい、という気持ちもわかります。わかりますがそれでは所詮大成功はできませんし人に隠す人生になるので、人間的成長は無いと思っています。というか 隠すってしんどい んですね。めんどう臭い。

だから大家2年目の会に入ったメンバーには素直であってほしいと思います。そしてトラブルがあってもそれを失敗とせず、つまづいただけ、という感じで進んでいってほしいと思います。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー