HOME » スタッフ » 投資の原理原則

投資の原理原則

road-2646210_640

今あなたが持っている不動産が、負動産になりそうだとわかっていたらあなたは処分できますか?損切りできますか?

これは投資家マインドの醸成という意味では非常に重要です。
私は学生の頃、株を思いっきりやっていた口で、投資本で有名なパンローリング社という会社の出版物の書籍をほぼすべて読んで株のトレードをしていました。ちなみに一冊3万円とかわけわからん金額の書籍ばかりでした。40冊はあったと思います。それだけでは飽き足らず、学校で教えてもらった、企業価値評価や、コーポレートファイナンス(上下)という学術的な書籍でバリュエーションを結構読み込み、財務分析などを繰り返していた、金融オタクみたいな状態でした。

その過程でファンダメンタル投資(長期投資になりがち)、やデイトレードなどを色々した結果わかったことは、トレードはスポーツであるということ、と成功するなら原理原則をいかに着実に実行をするか?ということだと気づきました。そして私は運動は音痴なのと、成功の原理原則を創り出すことは無理だ、とわかったので辞めました。

まぁ運もあったし景気も良かったので、かなり儲かりはしましたけどもね。でも辞めました。

1つだけ気づいていて、今でも私ができている原理原則が一つありますのでそれを冒頭のことと絡めてお教えします。

それは「儲かっている資産性のものは手放してはいけない」ということです。それ以外のものは投資不適格なので購入してしまったことに気付いたら売却を試みる、それも早めに。そして早く資産性の高いものに振り替える、ということです。

資産性が高いとはなんなのか?

私はそれはビジネスのポジションがしっかりと確立されていてひっくり返しにくいインフラビジネス、だととらえています。株で言えばNTTとJR系ですね。NTTはちなみにずっと持ってます。成長性なんて期待しちゃダメなんです。自社以外は。

不動産も同じです。
資産性が高いもの、それは立地が良いものです。収益性は相場である程度決まっちゃうので、あとはそれを加工できる余地があるのかどうかだけですね。

あぁダメなもの買ったなぁ、と思うならさっさと売ることです。いつまでたっても不動産はあなたの独力で良くなるものではないですから。今無理ならいつまでも無理です。そういう厳しいビジネスが不動産大家業、ですね。

投資の原理原則=損切できる精神

これができれば人間誰でも成功するでしょうね。。。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー