HOME » スタッフ » 楽じゃありませんよ

楽じゃありませんよ

bucket-303265_640

うちの本業のお客様のお風呂とキッチンのリフォーム完工

引き渡しの日でしたので、掃除ついでに確認してきました。ですが、トラブルが発生したので報告を。

もともと賃借人が住まわれており、在来タイル風呂から水漏れして階下に被害が。そのためお風呂をユニットバスに回収する必要がでました。そのついでに、一緒にキッチンも交換して、その部屋のメンテで呼び出される回数を減らしたい、という管理会社の方の考え方にそって、オーナーさんと仕様の打ち合わせを実施しリフォームに着手しました。

弊社ではなんてことない日常のリフォームです。

問題だったのは、

1 突発的なリフォームのため一時別空き部屋に引越ししてもらう必要があった
2 住まわれている方の部屋の使い方が汚い
3 賃借人と管理会社とのやり取りが不十分だった(?)

まず 1 ですがこれはある種仕方ないです。築古物件に限らず建物の老朽化は免れないのでオーナーがコスト負担して引越ししてもらっていたようです。賃借人はごねますが。

ついで 2 ですが部屋が汚く、弊社が解体初日にはいったときゴミの山でした。キッチンやお風呂にこれでもか、というくらいにガラクタを置かれていました。持ち物をほぼおいて部屋を出られているので足の踏み場もありません。
弊社の職人とぶーぶー文句言いながらガラクタを管理会社担当者と連絡を取りながらあとでものが無くなったといわれても困りますよという交渉を経て、奥の部屋にガラクタをおきました。
そのあと、キッチンお風呂とリフォームをして、まぁなかなかキレイに美しくそして工期もわずか4日と急ピッチで仕上げました。さらに掃除もして、今までのゴミ部屋から比較すると・・・うん、完璧。大満足のリフォームです。

で 3 なんですが、賃借人の方々はキッチンを改修するなんて聞いてない、お風呂に入れてたガラクタは捨ててほしいものだったのに、なんで捨てずに奥の部屋に
入れているんだ?と激しく私に対して怒りをぶつけてきました。まぁ怒ってはる方は住んでいる方ではなく、親戚のおばあちゃんでしたが。
私に言われても、弊社としては完璧に、しかも早く美しくやりましたので、困ります、という問答を。
挙句に風呂なんて使わないからきれいになってもうれしくない、(賃借人の)ゴミを捨ててくれないと健康被害が発生して私寿命が縮まる。責任とれるのか。などの文句を言われました。約2時間ほど。
さらには管理会社の方も合流し、他の要件も含めて怒りを2時間ほど。

オーナーが賃借人からもらえる家賃が6万円。このリフォーム掛けた費用が約100万円。

ここまでやっているのに、怒られるなんて。。。。
挙句に他の部屋のガラクタ処分の整理までさせられて。。。。

賃借人は70歳くらいのかたで、明らかに働いていない感じ。これからこういう社会との関係性が薄くなってきた人が賃貸に入居される方が激増していくと思いますが、いまいち道徳的な観念も薄くなっていって義務よりも責任よりも権利ばかりを主張するように人はなっていくのでしょう。

きっちりマンション管理をするって難しいかもしれませんが、そういう「入居者自身のしつけ」をするという管理も必要になっていくのでしょうね。

しんど~~
と思った誰も幸せにならないリフォームでした。

リフォームは「幸せな人をさらに幸せにするサービス」だと改めて気付かされました。

武智

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー