HOME » スタッフ » 自分に強みを備えなければなりません

自分に強みを備えなければなりません

ape-2628481_640

自分を良い意味で目立たせようと思うと、それは自分に強みを備えなければなりません。強みとは人に何かを教えられるものを持っている、ということだと思います。一方的に話したい、伝えたい、ということだけではなくて、その内容について誰かが詳しく知りたい、と思うような興味を持ってもらえることなのか、が重要になります。
これを自分で認識すると、大抵の会話やセミナーなんかで、レジュメ等がなくても、自分のゾーンに会話を持って行けたりしますので、「この人なんでこんなに話せるんだろうか?すごいなぁ」という感じに周りを惹き付けることもできるようになりますね。もし、自分にそんなスキルは無いぞ、ということなら、身に付ける必要があります。その際には「このスキルを身に付けることで誰の役に立つのか?」ということを考えればよいのです。

その強みを、自分が人に教えられることは何か、をまずは20個程度書き出してみればよいのです。浮かばなければ、周りの人とブレストをしてやってみてください。そのための、大家2年目の会のセミナールームかもしれませんし、そこでの気づきが自分の人生を大きく左右していく、ということも多々あります。現に私や講師の先生は、大家2年目の会のセミナールームで人生に大きな選択肢と自分だけの強みに気付きましたから。

さぁあなたも一緒にやってみませんか?
そのための新年会かもしれませんね?

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー