HOME » スタッフ » 自分発信の社会貢献

自分発信の社会貢献

woman-1253481_640

目立つためにどうすればよいのか?ここからは不動産自体にはあんまり関係ないことかもしれませんが自分を目立たせ、のちにテレビなどで自分ががんがん放映されたり、書籍を出版して、人の役に立つようになったり、自分発信の社会貢献をすることができるようになっていくとおのずと、人は集まります。しかも自分が目的としている人物が集まってきます。たとえば、大家業をしていて、誰かに住んでもらいたいなぁ、と思っていたとします。自分が目立っている何かを求めて、おそらくは一緒に仕事をしていると思われる人が、地理上の不安を抱え、もっと便利なところに住みたいなぁ、と考えたとします。一緒に仕事をしていますので、もちろん収益に問題は無いわけで、自分が所有している賃貸を貸しましょうか?となることも多々あります。そうなれば、自分の所有する物件に最高のパートナーが住んでくれるし、なおかつ仕事も近距離でできるし、いいことづくめなのです。

そういう未来の仕事観、住まい観、パーソナリティ、がスタンダードになっていくと思います。ネットに繋がれた、PC、タブレット、スマホがあれば、それでほとんどのビジネスは事足りるようになっていくからですね。でも、不動産自体はどんどん必要になっていくと思います。私が思うにこれからの不動産大家業は、ある一人の人が、複数の賃貸を所有するような状況がスタンダードになるのではないか、と思っています。どこででも仕事ができる反面、どこででも住める状況が必要になる、ということですね。

今はその代替物をホテルがしていますが、ホテルは所詮ホテルで、あんまりくつろげないし、くつろごうと思ったら、スイートルームに泊まらないといけないわけで、それは費用がかなり掛かる、ということで、コストパフォーマンスにはなかなか合いづらいですね。

話が脱線しましたが、自分が魅力ある目立ち方をすると、仕事を創れる人物になっていくと自然と何もかもがうまくいきますね。これがコントリビューションの考え方になります。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー