HOME » Q&A » リスクコントロール ~はじめに・空室対策~

リスクコントロール ~はじめに・空室対策~

house-1423862_640

・あなたが知りたいリスクは大きく4つじゃないでしょうか?

・まず始めに空室対策のリスクコントロールです。
 リフォームや入居付けはどうしますか?

動画時間 4:13

<動画内容>

はいこんにちは。

リスクコントロールという概念でリスクをどうやってコントロールしていくのか、ということを説明させていただきます。

リスクには大きく分けて
・空室のリスク
・不動産を所有したあとのマネジメント
 入居付けしたあとのマネジメントのリスク
・そもそもの不動産を買う前の融資付けというリスク
・万が一の災害等のリスク
この4つに大きく分かれるかなと思います。

今回は空室対策のリスクコントロールを説明していきます。まず空室対策で最も間違ってはいけないのが立地になります。ここは各不動産会社様もしくは大家さんで様々な投資基準、一致基準というのがあるかと思いますが、弊社では土地がよく分かっているエリアのみの不動産の所有に限定しています。

それは弊社では経験上大阪府神戸市内の沿線から徒歩15分以内。これが弊社の得意とするゾーンとして位置付けていますのでこれ以上のエリアは弊社では投資をすすめることはありません。

一般的に徒歩10分圏内でしたらいい土地だと思われるかと思いますけれども、そこは非常に競争が激しいエリアでもありますのでなかなか物件が回ってくることはないかと
思います。もし回ってきたとしても非常に高価。割高な不動産になってる場合がありますので「主戦場」私たちが取り合う場所っていうのはだいたい10分~15分の範囲の不動産が多いことになってくるのではないかなと思います。

経験上15分以上離れてしまうとほぼ入居付けに苦戦することになってきますのでオススメしません。安くても手を出してはいけない物件と考えておいて下さい。

で立地を間違えなかったら次に入居付けという作業になってきますけれども、こちらの方は物件をどれだけきれいにデコレーションをしてしまうのかということです。ここは費用対効果を考えてお金をつかっていくことが重要になってくると思います。弊社でリフォームの部門もございます。そちらの方で非常に安価な効果的なリフォームというものもオススメします。勿論皆さんの財布の状況というのも考慮して投資をするかしないかするとしても、このレベルでとどめるのかどうするのか。あとは将来性を見込んで一気にやってしまうのかというのも全部タイミングを見計らって、私がオーナーならこうするとかっていう提案を必ずさせていただくことが弊社の強みかなと思います。その際の家賃で何年で回収できるかというのも全部計算に入ってますので非常にお得なリフォームができるのではないかなと思います。決してやりすぎなリフォームは致しません。これで入居付けの条件が整います。

その次にいかに管理会社賃貸業者様に入居付けのPRをしてもらうのかという営業広告になってきます。そちらも弊社の付き合っている入居付け専門の会社に協力してもらい入居付けをさせていただきます。

もしくは場所場合によりけり弊社の一括借り上げサブリースというやり方も存在しています。こちらの方も家賃回収が確実に見込める場合弊社で提案させていただきますので
ご安心ください。

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー