HOME » Q&A » 融資がつく人つかない人って?

融資がつく人つかない人って?

you-win-1143113_640

初心者から不動産投資を始めるあなたへ

自分に融資がつくのか不安じゃないですか?
・・・融資がつかない人ってどんな人なんでしょう??

✔ 極論この人たち以外は融資がつきます

✔ あなたは一生懸命働いていますか?

動画時間:2:16

<以下動画内容>

融資がつく人つかない人

基本的にいろんな条件があります。融資というのは銀行さんサラ金さんマチ金と呼ばれてる人たちが融資をしてくれます。この融資をする人たちっていうのは基本的に信用保証協会というところに登録されてて、そこで例えば武智はどこの金融機関からなんぼ借りてるんだろうかとそれを毎月返済してるのかどうなのかっていう情報を取得します。それで融資ができるかどうかというスコアリングを基に決めてる人たちができるのが融資です。その代表が銀行やっていうことです。

融資が付く人っていうのはたいていの人はつきます。逆につかない人っていうのが…自己破産してるとか、過去10年間以内に自己破産しました、捕まりました、むちゃくちゃ既に借金してます、過去借金したけど返済せずに逃げたままです。この人たちっていうのが基本的につきません。

もう一つ…決まった収入が入ってこない人。
要は働いてないとか申告してない人達が融資がつきません。

逆に言えばそれ以外の人たちっていうのは全て融資がつきます極論。そういう人たちの多くっていうのが基本的にはサラリーマン。もしくは自営業者です。

みんな一生懸命働いてるので、そういう人たちは融資がつくと思っていただいたら結構です。

※この内容はセミナー開催時のものです

無料メールマガジンに登録した方限定プレゼント!

  • 「不動産投資の本を読んでも難しすぎて理解できない…」
  • 「物件情報とか利回りとか見てもサッパリ分からない…」
  • 「そもそも不動産投資を始めるために何をどうしたらいいか分からない…」

そんな右も左も分からない30代サラリーマンが市況に左右されない不動産投資 3つの理由を無料webセミナー動画で公開!

無料メールマガジンへのご登録はこちら(※登録・購読は無料で、一切費用はかかりません)

※登録前にプライバシーポリシーをご確認ください

このページのトップへ戻る

メニュー